個別指導と集団指導、指導の形式によって違う給料

塾の先生、そう聞くと皆さんどのような印象でしょうか。

学校で勉強したけど中々伸びないもしくは

受験に向けてより一層高めたいといった生徒に勉強を教える人ってイメージかと思います。

そんな塾の先生について、どれぐらいの給料をもらって

生徒に勉強を教えるという仕事をしているのかについて紹介していきたいと思います。

塾の先生の給料について大きく変える要素として、個別指導と集団指導があります。

集団指導がそれこそ学校の先生と同じように10人から20人程度の1クラス分の授業を行うのに対して、

個別指導ではワンツーマンもしくは多くても3人までの生徒に対して授業を行うといった特徴があります。

集団指導の方が多くの生徒を相手に全体に対して

分かりやすい授業を考え伝えなければならないという難しさもあり、

時給換算でも高く1500円から3000円程度です。

それに対して、個別指導の場合は

1人もしくは少人数の生徒に対して適切な教育を行う必要があるという違いから

集団指導と比べて少し安くなり、時給換算で1100円から2000円程度の給料となっています。

このように、個別指導と集団指導、教え方などといったやることが変わることも当然のことながら、

それに伴い、給料も変化しているのです。

その為、塾の講師をする場合はどちらをするのか確認するようにしましょう。